工房其の一
工房其の二
工房其の三
工房其の四



ノムラムーンスペースシップ NO1とNO3の改修バージョンの3機
子供にドームを壊すなと言う方が無理な位繊細でミステリアスな玩具。
当時これを買ってもらえた子供って?




形状カラーリング共出来の良いヨネザワ製B-29
全長 36cmの巨大さがB-29のイメージをさらにアップしています。

ブリキのDC-7としては形、大きさ、ギミックいずれをとってもベストのヨネザワ製日本航空仕様機。
内側のプロペラが回転後外側のプロペラが回転します、その後スチュワーデスがドアを閉めると
乗客の顔が窓に現れ離陸走行を開始します。

古くは羽田発7時50分少し時を経ての城卓也のナレーションが聞こえてきそうないい雰囲気
のアイテムです。



ジャンク再生品 ビックX タダ   鉄腕アトム リモコン.ノムラ  鉄腕アトム ゼンマイ.バンダイ

再生過程は工房 工作室をご覧ください。



ジャンク品を入手する時に結構ダメージが大きく再生するのに
大変そうに見える「殆んどが大変」物が意外と案ずるより何とかで見掛け上
満点に近い状態に戻ることがあります。
上のハドソン製B-29も其のひとつ、何かの記念塗装の様なカラーリングが
素晴らしい秀作。


カラーリングとデザインが昭和30年代そのものの米沢サテライトランチャー
ゼンマイで人工衛星に見立てたプロペラを飛ばすだけの稚拙な物だが
宇宙開発が激化し始めた頃の年代を感じさせる玩具。


昭和30年代、家庭の箪笥やテレビの上で良く見かけた文化人形。
当時、ちょっと先を行くと言うような意味合いで文化と言う文字
を頭文字に「文化住宅、文化包丁等」付けるのが流行しました。
文化人形「正確にはポーズ人形」も多種多様色々な物が出回っていました。
左は全日空のスチュワーデス「宣伝用か販売用かは不明」、右は東急鯱バス「乗客のプレゼント用」の
ロマンスガイド。


メカニカルな動きもここまで来ると芸術的なマスダヤ
ハイウエイパトロール。静止状態から足を跳ね上げ、
跨ると前傾姿勢でライトを点灯して、疾走します。
ベクトル力学の教材見たいな構造故か
「支点のゆるみで力が伝わらなくなる」足の跳ね上げ
が出来なくなる物が多いようです。
バイクに乗る人間の動きを良く考察した、
電動バイクの傑作。
修理箇所「電池ボックス内部の腐食」
各支点の再調整」




 ジャンク品を再生する場合に於いての欠品パーツの処理方法には

  1. そのまま。2.他のジャンクからパーツを取る。
    3.完品物から型を取り複製する「限界が有ります」。
    4.パーツが見つかるまでオリジナルの写真を参考に雰囲気を壊さずにそれなりに創る。
    写真のノムラトーイのスーパージェットは4の方法で再生。
    風防はガシャポンのケースを加工、機関砲はオリジナルに似せて作るか迷った後
    雰囲気重視でガンダムのパーツを流用「オリジナルよりカッコ良い?」
    レトロな宇宙飛行士が機関砲を左右に振りながら先端のムギ球を光らせます。
    障害物にあたると向きを変えて走行する動作もオリジナルどうり。
    ゲイリーアンダーソンのスーパーカーを真似たこのスーパージェットは残存数も少ない稀少品です。
もどる