工房其の一
工房其のニ
工房其の三
工房其の四


昔の少年雑誌の口絵を彷彿させる、米沢スペーススカウトカー。
デザインと色使いが格別な雰囲気を醸し出しています。
光線銃を左右に撃ちながら走り回ります。ギアー交換のみのレストア。」




デスクトップモデルのような、コウキュウ商会製?F9Fクーガ―ジェット
リモコン操作で、前後走行、翼の折りたたみの動作をします。
米沢のF9Fに勝るとも劣らない、見事な出来をしています。

30x25cm電動リモコン

 

 

原色のノスタルジア ソノシートブック。
テレビで放映された人気アニメやドラマのテーマソングを収録した塩化ビニール製のレコードと絵本を一緒にして、当時¥300程で売っていました。

 


ビルの町にガオーの、ご存知
鉄人28号この歌の最後には
必ずグリコ、グリコ、グリコーの
三文字を付けたものでした。フジTV系で放映。




手塚治虫の名作ビッグX
悪役のV3共々プラモデルで
現在も発売されています
TBSTV系で放映。



 
三頭身のヒーロー 宇宙エース
竜のこプロの作品。フジTV系
で放映。




遊星少年パピィー
井上英沖 作品 フジTV系
で放映。

 

 

宇宙少年ソラン
宮腰義勝作品 TBS系で放映

 



宇宙家族ロビンソン
特撮やストーリー性は当時の日本
物とは比較にならなかった。
なんと、このソノシートの音楽は
富田勲が担当していました。

 


1961年、昭和35年頃、月刊誌
ぼくらに連載されていた、一峰大二
原作のナショナルキッドの飛行
ブリキ玩具。腹のゼンマイを巻くと
40年の時を超え見事な飛行を
披露してくれます。
雲か嵐か稲妻か、、、、、

「松下電器」ナショナルの提供で
実写版のTV放映もされていました。


稀に、あ、これ持ってたんだと記憶が蘇る
玩具に出会うことが有ります。
玩具なんて盆暮れ位しか買ってもらえなかった時代だから記憶も鮮明に残っている
のだと思います。
この、ノムラトーイのサーチライトジープ
もその中の一つ、サーチライトを点燈しながら
走り回っていたが、それ程遊び込まない
内に走らなくなってしまいました。
半世紀ぶりに再会したサーチライトジープ
も当時と同じ状態でした。
乾電池一本で電球の点燈と走行を一緒
に行なっていた為
モーターのブラシの汚れで簡単にトルクダウン
してしまっていたのです。


小さなブリキ玩具のF86セイバー
「HAJI製」と中国製のミグ15。
作った年代もコンセプトも違うので
比較するのは無理としても
セイバーのなんと立派なことか。
因みにミグ15は1980年代の中国製安物雑貨。セイバーは1950年代の日本製。
只、朝鮮戦争の宿敵飛行機のブリキ玩具が
時を隔てて並ぶ事が何とも面白い。


人類初の人工衛星スプートニク1号でソビエトに先を越されたアメリカが失敗の連続の末
にやっと成功させた、エクスプローラと
バンガードをモデルにした 人工衛星追跡
ステーションのブリキ玩具。
自転する地球の周りを2つの衛星が周回します。見事なプリントとメカニカルな動きが
何ともファンタスティックな逸品。



アメリカ戦略空軍のマークも勇ましいマークスB58ハスラー
正確なフォルムと美しいプリントそして凝りに凝ったギミックが魅力的な
大型ブリキ玩具。
スイッチを入れると後方エンジンが発火続いて前方のエンジンが発火
その後内蔵されたサイレンが発進音を発して離陸走行を始めます。
大昔近くの飛行場に米軍が駐留していたころ大きな三角翼の飛行機
が四つのエンジンから黒煙を吐いて頭上を飛んで行った
ことがあった、 あれはハスラーだったに違いない恐らく三沢か横田から
飛んで来たのだと思う。 


今は亡きアルプスの傑作
リンカーンフーチュラ。
初代バットマンカーの原型となった、リンカーンのコンセプトカー。
どこから分解して良いか判らない
程重厚な作りがアルプスの職人
の匠さを物語っています。




鉄人再生第2段
前回の残りパーツと新規に入手した
パーツで再生した鉄人28号
多少のタッチペイント以外は『動作も含めて」
完全オリジナル。
右の写真は今回の残りパーツ。胴体とヘッド
足の骨格以外はお役御免となります。


数少ない女の子向けのブリキ玩具、電話交換手
とタイピスト。
電話交換手は点滅するパネルの電球に向かい
忙しくプラグを動かします。



首を振りながらタイプを打つとペーパー
が上下するタイピスト。
何れも死語となって久しい専門職。


R35再生計画
2.5台分のジャンクパーツで再生した
ラインマーR35 ロボット なかなか入手
出来ないレンズ電球も運良く一個ずつ
残っていた為完全オリジナル状態での再生
となりました。当然目を光らせながら歩きます。

もどる