工房其の一
工房其の二
工房其の三
工房其の四
もどる


とみやま製 B36 ピースメーカー。
大きさも然る事ながらB36の持つ近未来的なフォルムを
余す事なく再現しています。飛行機ブリキ玩具の傑作。70X50cmフリクション。



米沢30x30cm フリクション
翼折りたたみのギミック付き。

ベストプロポーションのグラマン
F9Fパンサー。
スチール加工の精度とネービー
ブルーが素晴らしい、
ブリキの玩具とは思えない見事な
出来栄えをしています。実機の方は映画トコリの橋で主役の愛機として登場してました。

 


混乱したイメージが楽しいカプセル5。
外見はジェミニ風、宇宙飛行士は
ガガーリン似、動きながら発する音は
昔ラジオで聞いた、スプートニク1号
の信号音そのもの。
マスダヤ製
電動16x26cm1960年代の物。

 

ブリキのサンダーバード2号。
後部のエンジンを光らせながら、走り回ります。ブリキ玩具としては後期の為、
鉄板が薄く、ディティールが良く出ている反面、腐食には弱くなっています。
ASC製25X20CM電動。

 

復刻版を復刻した、鉄人28号。
内部ギミックをカットして、
再販されたキットに、内部
ギミックを他キットから流用
して、可動状態にした物。
30数年前の設計ながら
不思議な存在感が有ります。

 

 


マルサン1/100
紫電改

何処にも日本語が見当たらない、
不思議なプラモデル。
昭和30年代国内で販売されていた、
マルサン商店のプラモデル。輸出一辺倒
だった当時の世相が伺われます。
プラモデル創成期の製品とは思えない
出来の良さと絵画風のパッケージが
魅力適です。

 

飛行機が音速に挑戦していた頃の
ブリキ玩具、ダグラススカイロケット。
映画、ライトスタッフにワンシーン
でしたが、登場してました。
これもスケールモデル顔負けの素晴らしいプロポーションをしています。
ラインマ―製、50x30cmフリクション。

 

30数年前の
SFプラモ。
コグレ模型製UFO
組み立てていないので、細部までは
解りませんが、外観はマ−ズアタック
のUFOにそっくりです。

小暮模型製直径27cm電動

 

迷彩塗装と三角翼が特徴的なイギリス
ジェット戦闘機グロスタージャべリン。
バンダイ製24x22cmフリクション。
作り共々塗装もしっかりとしています。

 

 

 

スペースヱクスプローラ
詳しい内容についてはLOST60のホームページで語られていますので
そちらを御覧ください、お勧めリンク集に有ります。
写真はレストアしたものですが、アメリカ的なデザインと、からくり人形を
思わせるトリッキーな動きが、海外での人気の秘密なのかも知れません。
まともに動く物が残っていないと言うのも内部の構造から想像出来ます。

 

ブリキのチャパラル2F
アルプス製27x13cm電動。
1960年代、可変翼や斬新なデザイン
で話題を呼んだレーシングカー。
リヤウィングを上下しながら、停止
中速、高速を繰り返しながら走り回ります。

 

 


改造版 オリジナル版

不完全復刻のアルプスTVロボット。
欠品やダメージの大きい物は自分なりに遊んでしまうのも手です。
風防も簡単に作り直して、アンテナはTVそのものに、且つ
胸のプレートはEmailのアドレスにしています。
TVの奥の回転する宇宙の絵がレトロな雰囲気を醸し出します。

 

復活したロビィザロボット。
アンテナ 風防 両腕の複製と
モーターのレストァで蘇った、ノムラ製ロビィ。
ヘッドのピストンを上下させながら
歩きます。

「腕は未着色1950年代の物」

 

左翼を複製した、グラマンクーガー
米沢製20x18cmフリクション


右翼から型を取り、レジンで複製
した後塗装し、取り付け金具を作成
します。


全体の錆止めとタッチぺイントで
整えます



主翼を折り曲げた状態。

米沢のブリキ飛行機の傑作の一つ。

オリジナルの前輪の形状が不明の為手持ちのF94Cの前輪をコピーしています、ご存知の方御一報頂ければ幸いです。
車輪をはずせばそのままデスクトップモデルになりそうです。

 

 


電動玩具の動作不良の殆どは
モーターのブラシの汚れです。
これもブラシの清掃で蘇った
メルセデスベンツレーサー。
マルサン製25x10cm「1950年代」。


スクラップ2台の合作品。」
米沢製40x20cm電動。

ロータス最後の葉巻型F1、ロータス49
ブリキ玩具としては最後期の為
プラスチックが多用されていますが 其の分
ディティールが良く出ています。
ブリティシュグリーンとイェローストライプ
が素晴らしい一品。


 もどる